風俗での苦い体験

気分こそ、風俗の何よりの動機です

抜きたい気持ちこそ、風俗を利用するうえで何より大きなモチベーションになってくれるんじゃないですかね。風俗を利用する際のモチベーションはいろいろとあると思うんですけど、少なくとも自分の場合は気持ちですね。良い子を見つけたとか、お金や時間があるとかではなく、自分が抜きたい気持ちになった時。これが風俗を利用するうえでの最も大きなモチベーションになってくれると思うんです。そして、その気分にいつなるのかは自分でもよく分からないじゃないですか。本当にいきなり抜きたい気持ちになるのが男だと思うので、一応いつ風俗に行きたい気持ちになっても良いように、財布の中には風俗一回分のお金とクレジットカードを入れています。クレジットカードでの会計が出来る風俗も増えていますけど、出来れば現金の方が良いですしね。でも現金は使ってしまうかもしれないので、一応クレジットカードもいれて、いつ風俗気分になっても良いよう備えています。

人妻のリアリティが興奮を生む

風俗は娯楽なんです。エンターテイメントとまでは言いませんけど、本気で恋愛している訳じゃなくて、あくまでも娯楽じゃないですか。しかも風俗嬢側がもてなす側なんです。でも、この前の人妻風俗嬢はとってもリアルでしたね。娯楽じゃなく不倫しているんじゃないか。そう錯覚させてくれるだけのものがあったんですよ。その気持ちを味わえただけでも彼女を指名した甲斐があったんじゃないかなって思うんですよね。人妻特有の色気。そして奥ゆかしさ。それらのおかげで、風俗で遊んでいるのではなくて不倫をしているんじゃないか。そんな気持ちになったんです。男って肉体で感じる派と頭で感じる派がいますけど、自分のように頭で感じるタイプには人妻の存在感はマッチしていますし、さらには彼女のようにまるで不倫をしているんじゃないかって思うくらいの臨場感を演出してもらうと、それだけでも彼女を指名した甲斐があったんじゃないかなって。とにかく大満足でした。