風俗での苦い体験

風俗に求めるものは一つだけ

話とか、あるいは癒しとか風俗ではいろいろなものが満たされますし、人それぞれ求めるものも違うと思うんです。そう考えると、風俗ほど多様性のあるサービスはないんじゃないですかね(笑)だから自分の場合は性感マッサージですね。ここ最近は性感マッサージしか遊んでいないですね。意外に思われることも多いんですけど、自分、マゾなんですよ(笑)攻められるのが大好きなんです。だから風俗では女の子を攻めることはあまりないんです。そう考えると、初めから性感マッサージに行っておけば良いんじゃないかなって思ったんですよ(笑)例えばですけど、デリヘルに行ってずっと女の子に攻めてとリクエストする。攻めてはくれるでしょうけど、デリヘル嬢にとっては予想外の展開じゃないですか。ましてやデリヘル嬢は決して攻めるのが上手な子ばかりって訳じゃないですしね。でも性感マッサージなら皆攻めるのが上手なので女の子にとって「予想外」がないですよね。

お金が増えてきたからこそ

何となくなんですけど、お金に余裕が出てきたんです。お給料が増えたとかじゃなく、自動車のローンが終わったからですかね(笑)ローンに回っていた分のお金がそっくり使えるってことじゃないですか。それはやっぱり楽になりますよね。だから風俗にも行けるようになりました。それまでは風俗どころではないというか、困っているというか、そこまで豪遊するレベルではなかったんです。でも毎月5万円くらいの支払いが終わったので、これなら楽だなって(笑)それこそ、単純に計算しても風俗二回分くらいのお金になる訳じゃないですか。楽になったと感じるのも当たり前ですよね(笑)それで自分でも風俗が視界に入ってきたんです。それまでは風俗は「自分には無理」だと思っていたので視界にさえ入りませんでしたけど、遊べるようになったので視界に入ってきたんですよね。それで自分なりにホームページを見たりして楽しんでいるんですよ。男として満たされますしね。