風俗での苦い体験

ある意味、リハビリのようなものです

失恋してからと言うものの、ずっと元カノのことを引きずっていたんですよ。それで気付いたらいつの間にやら女性とは無縁の生活になってしまって、女性と接する時に緊張して挙動不審になってっていう、悪循環モードに突入してしまったんですよね。これはまずいなと。たまには女性とってことで風俗まで行ってきたんですけど、ある意味リハビリのつもりで足を運んだものの、風俗って最高だなって思うようになってきたんですよね。特に思ったのが、風俗はとっても楽しいのはもちろんなんですけど、優しいんですよね、女の子が。まぁこっちは彼氏とかでもなければ、ただのお客なので敵意を向けられるようなこともないですしね(笑)でも、それがリハビリとしては丁度良いってことに気付かされたんですよ。だからこれからは風俗はリハビリのつもりで利用してみるのも悪くはないんじゃないかなって思うようになったんですよね(笑)快感だけじゃなく他にもプラスアルファがあるし。

処理しているものなんですね

この前遊んだ風俗嬢は驚きのパイパンでした。生で見たのは初めてです。多少処理している風俗嬢は見たことはあるというか、たぶんそれが一番多いんじゃないかなって。ツルツルにしている訳ではないけど、でも多少遺している部分はしっかりと処理している。それが自分の中で一番見慣れているものだったんですけど、彼女はパイパン。つまりは無かったんです。さすがに衝撃的でした。AVでは見たことありましたけど、さすがに肉眼でパイパンを見たのは初めてだったんですよね。それだけに、衝撃的なものではありました。だって丸見えというか、遮るものが何もないんです。それに彼女の処理の仕方も上手だったんです。きっと自己処理じゃなくで、エステにでも言っているんじゃないかなと。だから肌がツルツルだったんですよ。あのボディを見れっただけでも儲けものというか、良いボディを満喫することが出来たので幸せな気分に包まれたんじゃないかなって思いましたね。