風俗での苦い体験

ギンギラ東京で見つけた女の子が魅力的でした

ギンギラ東京という新宿のデリヘル店から呼んだ彼女が、なんとジャングルでした。野性的という意味ではありません。最近のデリヘル嬢としてはかなり貴重なジャングル。そうです、アンダーヘアの話です(笑)
最近よく新宿歌舞伎町のデリヘルを利用するんですが、どの子もみんなパイパンなんですよね。衛生面ではその方が良いのかもしれませんが個人的にはパイパンの女性ってあまり好きじゃないんですよね。色気というかいやらしさがなくなっちゃうじゃないですか。思うに、清潔感と色気って相反するものなのかなって。あまりにも綺麗すぎるといやらしさを感じなくなると思うんです。
だからこそジャングルはいいんですよ。光に当たってギンギラしてるんです(笑)どれだけ清潔感のあるデリヘル嬢でも、そこだけは…みたいな。それが好きだったんですけど、この前ギンギラ東京から呼んだ子がまさにそうだったんです。顔は本当に清潔感があるというか、清楚な雰囲気だったんですよね。でも全然手入れをしていないのか、ジャングルだったんですよ。それを見れただけでも相当興奮させれたたんです。もしかしたら自分、ジャングルフェチなのかもしれないなって思ったくらいですしね(笑)

新宿のデリヘルの中で嬢をリピートする条件とは?

リピートは個人の自由なので、必ずしもしなければならない訳じゃないんですけど、良い感じのデリヘル嬢だなって思った子はリピートしたくなるものですよね。
自分の場合新宿歌舞伎町のデリヘルがメインなんですけど、リピートしたくなるようなデリヘル嬢の特徴はやっぱり性格なんです。外見よりも内面ってことですね。デリヘルは女の子がいろいろと満足させてくれるものですけど、でも外見よりも内面の方が男心に響くような気がするんですよ。その方が断然燃えるんです。もちろん外見も内面も素晴らしいって子が理想ですけど、どちらを取るのかってなったら内面ですよね。内面に優れている女の子の方が、結局はこちらの満足度が高いんです。彼女を指名して良かったなって気持ちにもなるので、それで内面を重視するようになりましたね。
外見の素晴らしいデリヘル嬢だって魅力的だと思いますけど、プレイ中に目をつぶっちゃえば外見ってそんなに関係ないので、それならプレイの間は、ずっと自分が感じることになる「内面」の方が重要なんじゃないかなって思います。